22 08/14

インプラントの痛みはそれほどでもない

インプラント治療を希望する人が増えてきました。入れ歯などに比べてメリットが大きいといった理由があるのですが、治療が幅広く受け入れられるようになり、先入観がなくなってきたということもあるようです。インプラント治療の先入観といえば、痛みが強い、失敗しやすい、骨にダメージを与えるなどです。歯科医療の発展からこれらのイメージは覆り始め利用しようと思う人が増えてきました。

実際に手術を体験した人の意見などを聞いてみると個人差はあっても痛みを訴える人は意外と少ないようです。インプラント治療の痛みは歯を抜いた時と同じくらいといわれています。手術中は麻酔が効いていますのでまず痛みを感じることはありません。手術が終わり麻酔が抜けてくるころに痛みを感じるようになってきますがそれも痛み止めを使えばすぐに治まる程度の痛みです。イメージ先行でインプラントについて誤解をしないようにしてください。

インプラントは今後も発展していく治療方法です。現時点でもかなり痛みを抑えた手術が可能になっていますが、ますます痛みを感じにくい治療へと発展していくでしょう。インプラントに対する先入観を取り去り、誰でも気軽に受けることのできる治療になっていけば多くの人の健康は守られています。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>