29 03/19

自毛植毛は人工植毛よりも自然に仕上がります

自毛植毛が人工植毛より自然に仕上がることを知っていますか?初期費用が安いという理由だけで決めてしまうと後々後悔することもあります。失敗しないために、どのような理由で自然に仕上がるのかチェックしましょう。
自毛植毛と人工植毛には、メリットとデメリットがあります。自毛植毛は安全性が高く、医学的にも人工よりおすすめできる方法とされています。
2つの植毛方法の大きな差は見た感じです。人工植毛も人の毛に限りなく近づいているのですが、やはり自毛とは違います。よりナチュラルに仕上げたいという人は、自毛植毛が適していると言えるでしょう。
自毛植毛は人工植毛のように毛量を調節できませんが、自分の毛を使い毛根に定着させることで、永久的に生えては抜けるのサイクルを取り戻すことができます。また、人工よりメンテナンスが軽減されることも自毛植毛の利点と言えるでしょう。手間が大幅に省けるだけでなく、トータル費用も少なく済みます。

自毛植毛の一つ、ニードル法のメリットデメリットをご存知でしょうか?
専用の細い植毛針を用いて穴あけと植え込みを同時に行えるので、出血が少なく傷跡が残りにくいこと、
そして毛髪の角度が調整しやすく自然な毛並を作りやすいことがメリットです。
デメリットは移植密度に限界がある為広範囲に植えることが難しいことです。
更に後頭部や側頭部の頭髪が残っている部分をメスを使ってドナーを採取するので傷跡が残ってしまいます。
ニードル法とは自毛植毛の種類の一つであり、専用のサイズの違う数種類の植毛針を用いて穴あけと植え込みを毛髪の一本一本に行うのがニードル法です。
単一植毛やchoi式とも呼ばれたりします。
非常に手間のかかる手術法ではありますが、穴をあけたらすぐ植え込みができることから出血が少なく傷跡が残りにくいこと、
毛髪の角度が調整しやすく自然な毛並を作りやすいなどのメリットがあります。
デメリットは生え際などの狭い範囲なら効果がありますが、移植密度に限界があるため広範囲に植えることは難しいです。
更にドナーの採取にはメスを使います。後頭部や側頭部などの頭髪が多く残っている部分から移植するために頭皮を切り取るので、採取部分に傷跡が残ってしまいます。

自毛植毛は紀尾井町クリニック

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>